家屋解体の際にかかる料金|追加料金の有無

工事の全体的な流れ

重機

3つに分かれるポイント

住宅などの解体工事の全体的な流れは、見積もり、工事前、本工事の3つの段階に分けることが出来ます。まずは見積もりです。実際に現場を調査して見積もりを行います。場合によっては電話や簡単な調査だけで行うこともありますが、トラブル回避などの意味合いも込めてしっかりと現場を見てもらうことが大切です。その後、見積書を受け取ります。また実際に工事を行う中で何等かの障害物が発見された場合は追加料金が発生するので、見積書の金額が絶対的な金額ではないことに注意が必要です。見積もりが済んだら工事前の作業に入ります。具体的には、解体工事を行うことを近隣住民の方にお知らせしたり、配管や配線の撤去などを行います。電気やガス、電話などは解体工事を行う業者ではなく、それぞれの業者に連絡を入れる必要があります。また水道に関しては解体工事中も使用する場合があるので、事前に確認しておきましょう。工事前の作業が終わったらいよいよ本工事に入ります。本工事は基本的には解体工事の業者が全て行ってくれますが、大まかな流れとしては、足場や防音シートの設置、解体、廃材などの搬出、整地といった手順で行われます。解体工事において一番気になる点は全体的な費用です。しかしこの費用については一概に言うことが出来ません。なぜなら業者や案件によって大きく異なるからです。もし出来る限り安く解体工事を行いたい場合は複数の業者に見積もりを出してもらい、一番安いところで行うのがオススメです。