家屋解体の際にかかる料金|追加料金の有無

住宅を解体する

解体

業者に依頼する時の流れ

兵庫で住宅の解体工事を業者に依頼するときには、まず業者に問い合わせをして分からない事を聞きましょう。問い合わせが済むと兵庫の解体工事を行っている業者は、現場調査に来てくれるため、解体してもらう住宅を確かめてもらいます。現場調査をしてから数日で、兵庫の解体業者は見積もりを提出してくるため、解体工事の内容に対して金額が適正か判断します。業者から見積もりを取るときには、リサイクル法の届出や解体工事の許可申請は、誰が行うのか確認しておきましょう。見積もりの内容に納得できたら兵庫の業者と契約を結び、工事の希望日や引っ越しの日程などを決めます。契約を結んだら解体工事の具体的な打ち合わせをする事になり、基礎や外構を残すかどうかの確認や、解体後の利用方法などについて詳しく話し合います。解体工事の1週間前までには電気やガス、電話やインターネットなどのインフラの解約手続きを済ませます。兵庫の業者は水道を散水するときに使うため、水道の解約手続きをするかどうかは、業者に確かめておきましょう。インフラの解約手続きが終わったら、解体工事の担当者と一緒に近隣へ挨拶に回り、工期の日程と範囲について説明します。解体工事は足場を組むことから始め、建物をシートで覆ってから解体作業を行います。まずは内装の解体を行い、その後に建物本体を重機を使いながら解体していきます。木材やコンクリート、ガラスなどの廃材が出るため、業者はその廃材を分別してから搬出します。解体工事が終わったら現場確認を行い、問題がなければ業者に費用を支払います。