不動産業界の骨組み

管理してもらう重要性

管理の仕事

最後に管理の仕事。
これは建築物をよりよく、より効率的に利用するための仕事です。
例えば、駐輪場の場所と違うところに自転車が止まっているとしましょう。
もし、住人が勝手に片づけてしまうと同じ住人のものだった場合摩擦が生じてしまいます。
「同じ住人の分際で何様のつもりだ」と攻撃的な人の場合もあるわけです。
こうなってくるとお互いぎくしゃくして暮らしにくくなります。

ですが、ここに管理会社が入ると「私どもはこの建物の管理を任されています」という事ができるのです。
直接、伝えたりやったりするより第三者的に介入してくれる管理会社がいた方がいいと思いませんか?
ワンクッション置くことによりみんなが笑顔で暮らせるのです。

管理の仕事のやりがい

管理の仕事はいわば秩序を提供するようなものです。
人が集まると決まったルールが必要になります。
そのルールとともに自分の主張を言い合えば争いが勃発します。
争い、いがみ合いながら生活するのは誰だっていやですよね。
そんな争いを仲裁してくれるのが管理会社です。
管理会社の仕事は建築物を利用するみんなが楽しく暮らせる仕事です。

つまり、管理会社は建築物の利用者を住みやすく守る警察のような存在。
建築物を利用するみんなの笑顔と生活を守る大切な仕事なのです。
家に帰ってきてしらない人が部屋にいたらびっくりしますよね。
そういうことがないように守ってくれているんです。
人の笑顔と人生を守る仕事ですからやりがいを感じられるでしょう。


TOPへ戻る