不動産業界の骨組み

不動産業界にある仕事について

開発するチームの主な仕事

不動産業界の一番始まりの仕事です。
まず、土地の所有者に交渉に行くところから始まります。
土地の上に建物を建ててよいか交渉がまとまったら次は企画案のまとめです。
その土地の周りの状態、どのような建物を建てたら喜ばれるのか、地域住民が求めているものとはなにかの情報収集を始めます。
企画案を練りに練って企画がまとまれば土地の所有者に企画を持ち込みます。
そして、「いいよ」と言われたらはじめて施工業者に図面を起こしてもらったり、材料を使って建築物を建てたりします。

土地の確保から立てっものの企画案までを一括してやっている不動産会社をデベロッパーと言います。
このデベロッパーの主な収入源は企画した建物の売却や、建築物を利用するときに発生するテナント料です。

デベロッパーの重要性

不動産業界のポイントは我々の生活ひとりひとりに密着しているものを取り扱うということ。
とくにデベロッパーはその土地の、その地域の人が必要としているものを探求し建築する仕事です。
確保した土地が商業施設になるか、はたまた住宅になるか、ビルになるかはデベロッパーが握っているのです。

つまり、デベロッパーはそこに住むひとりひとりの生活を左右するとても重要な仕事なんです。
まわりが田んぼの中に一本大きなビルを建ててもテナントに入りたがる会社はいないでしょう。
デベロッパーが建てる建築物で人々の暮らしが変わってくると言っても過言ではありません。
なんでも建てればいいというわけではないのです。

そこで暮らす人の思い出や人生すら変えてしまうデベロッパーという仕事はとても重要なのです。


TOPへ戻る