不動産業界にはどんなお仕事があるの?

不動産業界の骨組み

不動産業界にある仕事について

開発とは土地を確保してそこによい建物の提案をする仕事です。 その建物はその土地から愛されるかどうかも重要になってきます。 建物は人々に「あそこにこういう建物あったよね」と記憶に刻まれます。 その記憶がその人たちの人生に関わってくるのです。 いわば、開発の仕事とは人間の人生を開く仕事なんです。

建物の賃貸や販売

流通は不動産業界でいう花形の職業です。 なぜならば、お客さんと直接物件について話をすることができるからです。 物件の良いところをアピールし、気にいってもらうんです。 物件とはそうそうこまめに取り換たり、買い替えたりしません。 その人に安らぎの場所と夢を提供するのです。

デベロッパーってなに?

我々が生きていくために必要な住宅を管理、提供してくれる不動産。
この不動産業界に思い切って飛び込んでみようという人もいると思います。
そんな方の為に不動産業界の仕事についてまとめました。

まず、「開発」。
この仕事は土地にどんな建物を建てるか企画を出すところです。
テレビ局でいうプロデューサーの仕事ですね。
まず、土地を確保し、どういった建物がより生きるか情報を収集します。
企画案がまとまったところで確保した土地の所有者に企画案を持ち込みます。
OKが出れば、施工業者に流して建築が始まります。

次は「流通」
この流通とは町中によくある賃貸の不動産会社のことです。
物件を預かり、宣伝をし、借主を探すのが主な仕事です。
物件を持っているオーナーと借主を引き合わせる仕事ですね。
もうひとつ、賃貸ではなく販売も請け負うことも仕事の一つです。
こちらも広告、宣伝を手配し、買主を見つけて売主であるオーナーの物件とつなげることです。

最後は「管理」
ビル、商業施設、住宅といった建物の管理を請け負います。
より、住みやすく、より、使いやすくサポートをしていく仕事です。
賃料の回収やトラブルの対応などオーナーひとりに任せるのは大変な仕事を代わりに請け負います。

不動産業界は大きくわけてこの3つになります。
不動産業界での取引額は莫大なのでその物件が売れるか、借りられるかは自分の手腕にかかってきます。
売れた、借りてもらえた際は大きな達成感と大変やりがいのある仕事ですね。

管理してもらう重要性

管理会社と聞くとただ1日座っているイメージなんですが、実はとても大切な仕事なんです。 管理会社があるから建物が平和でいられるんです。 笑顔で暮らせている裏側には管理会社のたゆまぬ努力がありました。 管理会社のおかげで平和に暮らせているのです。 では、一体どんな仕事なのでしょうか。

TOPへ戻る