家屋解体の際にかかる料金|追加料金の有無

重機

工事の全体的な流れ

見積もりから始まり、事前作業、そして実際の工事と進むのが解体工事における大まかな流れとなります。見積もりの際には現場の状況を把握してもらい、工事の際には電気やガスなどの業者に対する連絡など、工程ごとで必要な作業があります。

解体

住宅を解体する

兵庫で解体工事を行うときには、まず業者に問い合わせをして分からない事を全て説明してもらいます。解体業者は現場確認をしてから見積もりを出してくるため、内容に納得できれば契約を結び、解体工事を行ってもらいます。

工事現場

豊富な口コミ情報で選ぼう

大阪の家屋解体業者は、どこも同じという訳ではないので慎重に選んだ方が良いですし、また選び方のポイントを知っていれば得をする場合も有ります。選び方のポイントはその業者が作業をするのかや、口コミサイトで評判を確認をする、実際に会って話をしてみる等が挙げられます。

解体は業者に

解体工事

正しい知識で納得の解体を

兵庫に限りませんが家屋解体は、通常、専門の業者に依頼することになります。一般的にどのような形で家屋解体をしているのでしょうか。まず、建設リサイクル法という決まりによって、延床面積が80平方メートルを越える場合には、きちんと届け出をしている業者しか解体工事ができないことになっています。ですので一般的な大きさの家であれば専門の業者にお願いすることになります。兵庫にも多くの解体業者がいますが、心配であれば許可証を最初にみせていただくとよいです。難色を示す業者であれば依頼しない方がいいでしょう。まず、家屋解体を決定しましたら見積もりをとります。だいたいの金額は電話でもきけますが、家屋というのは一つ一つ異なるものなので現場をみてもらわないと正確な見積もりは出ません。家屋解体前にしておくことは、主に電気、ガスの停止や水道の移設などライフラインについての手続きと不用品の片付けです。不用品の片付けも、業者にまとめてお願いできる場合もありますが、割高になることもあります。解体と不用品処分は別の業者にお願いする方がよいでしょう。兵庫でも中心部ですと隣接道路幅によってダンプが入れないことがあります。その場合手運びなどの対応になりますので料金が上がります。また、兵庫の繁華街などでの解体作業をする場合には、警察関係に道路占有使用許可を申請する必要があります。次は、解体費用と解体後の手続きについてです。通常は大幅に料金が変わることはありませんが、地中から廃材などが出てきた場合には追加料金がとられます。業者から説明がない場合には確認しておきましょう。解体しておわりではありません。登記してある建物は建物滅失登記が必要です。業者から証明書をもらって申請します。土地家屋調査士に依頼してもよいですし、ご自身でも申請は可能です。